お金を借りるならモビットかバンクイックで

大きく「お金を借りる」と言っても借り方は様々な方法があると思います。

知人や友人、親からお金を借りる方法は消費者金融や銀行とは違い利子や利息が付きません。

ですが、少額だと思って借りていたお金は回数が増えるたびにわりと大きな額になってしまった…。なんてケースもありますよね。

知り合いに借りるのが一番良いのかもしれませんが自分自身の信用を落としてしまう場合があります。

少額だと思っていたのが借りてるうちに大きな額になってしまっていてお金を返せないという結果は避けたいものです。

景気は良くなっていると言っても、やはりまだまだ私たちの生活には潤いが足りません。

給料をもらっても支払うところばかりで手元に残るのは雀の涙ほど…。

お金がないときに限って急な出費が増えて焦ってしまう経験はありませんか?

予め予定が決まっているのであれば、お金を寄せておけますが急な出費の場合だと対応出来ません。

知り合いからお金を借りるのも良いのかもしれません。

ですが、そんな時のために消費者金融や銀行が存在しているのです。

消費者金融は、消費者の信用を担保として直接の融資が行われるサービスのことを言います。

お金を預かることがないため、ノンバンクとも呼ばれています。

担保や保証人がなくてもお金を貸し付ける無担保融資がおもな事業となっていて、銀行や信販会社に比べると簡単にお金を借りることができます。

最近は大手の消費者金融業者にも多くの銀行から資本が入っていますから、安心して利用することができます。

金融機関などでお金を借りる場合には、保証人を立てて担保を提供するといったことが面倒でもあります。

その点、消費者金融業者では担保や保証人の必要がないということが大きな魅力になっています。

お金を借りる理由についても特に問われることはありません。

家計が苦しいとき、レジャー、冠婚葬祭などといった目的で、少額からでも気軽にお金を借りることができます。

かつては高金利というイメージもありましたが、いわゆるグレーゾーン金利が違法であるとされて撤廃された後は、改善されています。

消費者金融業者からお金を借りるにあたっては自動契約機や店頭、電話、インターネット上からなど、多様な方法によって申し込みをすることができます。

新規であっても受け付けから審査、契約までは、一般的に30分程度で完了します。

商品もフリーローンや低金利ローン、学生や女性などといったように利用者を限定するローンなど、さまざまなタイプがあります。

返済方法についても借入額に応じて返済額が一定に定められるリボルビング方式、毎月の返済額が常に一定になる元利均等方式、元金と利息額を定める元金均等方式などがあります。

消費者金融でお金を借りる流れは次の通りです。

来店不要でお金を借りることも出来ます。

インターネットでのWEB契約なら申込みから契約まで全部、自宅に居ながら可能です。

振込みキャッシングで口座に即日振込も可能です。

会社を選びます。

自分の希望に合うキャッシング会社を選びましょう。

そして、貸付条件等をしっかり確認して下さい。

審査が開始されます。

審査の時は嘘をつかない事が重要です。

入力された情報をもとに審査が行われます。

そして審査結果が出ます

審査結果が電話やメールで回答されます。

審査に通ればすぐに借り入れが可能です。

銀行カードローンと消費者金融で最も大きな違いになるのは金利です。

金利自体が違うことはもちろん、金利システムにも違いがあります。

全国的に知名度の高い大手消費者金融の金利は、上限が18.0%に設定されてます。

消費者金融はほとんどの場合、金利の上限が適用されますので比較するためには上限を見なくてはなりません。

銀行からお金を借りたいとなれば金利が低く魅力的です。

銀行の場合、金利が変動する場合があるので注意しなければいけません。

銀行カードローンでは融資限度額が上がるほどに金利が下がるシステムとなっています。

大口の借り入れに低い金利が適用されています。

資金使途自由の範囲内で銀行カードローンを使ったおまとめ目的の利用にも人気が集まっているのは、融資限度額が高くなると金利が下がるその銀行カードローンのシステムがあればこそです。

銀行でお金を借りるにはいくつかの条件をクリアしていなればなりません。

カードローン契約をする際に銀行でお金を借りる条件について確認していきましょう。

詳細条件は銀行によって異なります。

どの銀行も規定になっているのは日本国内に住む満20歳~65歳までの方、継続的で安定的な収入がある方、銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方です。

銀行からお金を借りる申し込みをするには、本人確認書類(いずれか1点)が必要となります。

希望借入金額によっては、収入証明書(いずれか1点)の提出を求められる場合があります。

必要書類は銀行によって異なりますので、あらためて確認してください。

基本の書類『本人確認書類』運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳、公的証明書、外国人登録証明書があげられます。

次に『収入証明書』の種類です。

源泉徴収票、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月&1年分の賞与明細書)、住民税決定通知書、納税証明書などがあげられます。

申し込みの際には必要な書類を準備しておきましょう。

今は以前とは違い生活に消費者金融、銀行が密になってきたと言えます。

知人に借りるよりプライバシーが守られ低金利だというメリットが生まれたからではないでしょうか。

返済期日さえ守っていれば催促の電話や郵便物が来ないので誰にも借金をしていることがバレません。

審査や借り入れで不安だと思うことがあるのであればモビットかバンクイックをオススメします。

どちらも丁寧で親切な対応だと評価が高いメリットを持っています。

モビット

http://xn--sp-7g4a2ethkbydc6100h4hza4j8esuza.com/mobit.html

バンクイック

http://xn--u9jugpd8f4a3cc6519du6m1ugmgj87khk3dhn8ar3il0v.biz/m/banquic.html

こちらから一度アクセスしてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です