お金が無くても我慢は失敗します

物やサービスを購入する時、多くの人は財布の中身を確認します。しかし、お金に困っている人は財布の中身を確認する事は少ないのです。財布の中身よりも、物の値段を意識するのです。そして、自分に言い聞かせます。「今はお金が無いから安いので我慢しよう」と。例えば、食料品は賞味期限がありますので使い切るでしょう。缶詰や缶ジュースもいずれ消費すると思います。「期限がある物」は値段を意識して購入すればいいのです。しかし、「期限が無い物」は値段を意識してはいけません。何故ならば長く使う事になるからです。お金に余裕が無い人は、恐らく今月も来月も余裕がありません。お金に余裕が無い人は、余裕がある時を期待してはいけないのです。本当に欲しいのであれば、必要であるのならば、「お金がある時」では無く「お金が無い時」でも無理して買うべきです。お金が無いから安い物で我慢するとしたら、大間違いです。例えば、欲しいバッグは高いから、安いバッグで我慢する。恐らく、次に買うバッグは買い換える期間も短く安いバッグでしょうね。欲しい物や必要な物でしたら、長い目で見たらお金が無くても買うべきです。意識はせずとも、長く使うでしょうね。全身がファストファッションであっても、バッグがお気に入りの「一点豪華主義」でしたら、周りの見る目も変わります。自分の意識も違いますよ。オリックス銀行カードローン 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です