カルビーの女性職員のダイバーシティ推進効果を、どう小さな会社で生かしていくのか

私はヤフーニュースの中で、カルビー、7期連続の最高益の裏側に女性の活躍あり。
が最も目に留まりました。このニュースの中には、働く女性の環境改善やキャリアアップの
重要なヒントが凝縮されていると感じました。
自身も含め世の女性が、公私ともにイキイキしたら、
必ず世の中今よりもっと、よくなると確信できました。
カルビーでは松本CEOのもと、女性の活躍なくして、カルビーの成長ないと
ダイバーシティが本格始動され、女性が子供を抱えながら
キャリアアップの実現の取り組みの成果を、会社の売上や収益そして女性管理職の比率のアップ
率で、明確な数値でわかりやすく結果を提示されています。
とても分かりやすく良い取り組みですが、かつて小人数の会社に10年ほど勤務した経験から、
とても大企業とそっくり同じやり方は、当てはまらないと思いました。
しかしうまく取り入れることは、可能だと思います。
どんな会社に勤めるにしても、子育てや介護といった生活面の悩みに直面しながら、
両立させることの難しさは一緒なはずです。プロミス審査
私は小さな会社でも、職場内で仕事の幅を広げることが可能なことを、
かつての職場で体感しました。それにはやはりトップの応援があってこそでした。
モチベーションのアップも自分一人の力では限界があります。
仕事など悩みごとの相談しやすい環境整備も大切なことです。
トップの手腕もさることながら、政府の政策や行政の方にも力になっていただき、
もっと女性が社会でも活躍して元気だと、世の中も明るくなるのではと信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です