Monthly Archives: 4月 2015

バイト収入があれば学生も借入可能

学生は学校へ生かせて貰っているので、親に迷惑掛けたくないと思う純粋な心の持ち主が多いです。

そして学生時代の多感な時期は、色んな遊びや色々な趣味も体験したい時期になっています。

だから親にお金をねだるのも言いにくい状態になります。そんな学生が金融企業から借金をしてお金を得たいと思うのは当たり前の事でしょう。

しかし、普通に学校へ行っているだけの学生では、金融企業は返済能力も無い学生にお金は貸せません。

でも、バイトなど何らかの収入をしながら学校に通っている学生ならば、借入可能なのです。

これが、例えば、何十万の収入が無いと借入できないと言う訳ではありません。学校へ行って勉強をしながらのアルバイトなので、きっと収入も数万円くらいしか無いでしょう。

それで借入は可能な企業は何箇所か存在します。でも、収入が数万円しかないので、貸し出す金額も数万円から多くて10万円程度しか借りれない場合もあるでしょう。

金融企業の利用額の規定はだいたいの企業は1万円から貸し出し可能となっているので、1万円でも借りる事が可能なのです。

だから、バイトの収入が少なくっても借りる金額が少なければ、すんなりと審査も通過して行けるでしょう。

金融業は20歳以上で安定した収入がある人が条件にしている金融企業が多いので、学生であっても何か働いていれば収入の多い少ないの金額は問わないでしょう。

総量規制対象外の金融業者

お金が無いと金融業者が、幾らでもお金を貸してくれたらよいですが、今は、幾らでも借りれる業者は少ないと聞きます。

それは、総量規制と言う賃金業法によるもので、貸しすぎを防止、借りすぎを防止する為に、貸し出す金額の上限を決めたものです。

具体的には、個人の年収が3分の1以上を超えた金額を借入する事が出来ないようになります。それは、賃金業者への法律であるので、消費者金融業や、信販企業のクレジットカードのキャッシングが総量規制の対象となります。

しかし、総量規制が対象外になる金融業社もあります。その金融業社は、銀行です。銀行へは総量規制の対象外となるので、銀行のカードローンや銀行の融資などは、3分の1を超えても良いのです。でも銀行は、審査自体が非常に厳しいと言われていますので、借入できる金額も厳しいかもしれません。

他には、賃金業法に沿った登録をしないで賃金業を経営するヤミ金融業者も、総量規制の対象外となるでしょうが、これは元々経営自体が賃金業法に沿っていない違法な為に、非常に危険な金融業社であるので、借入はしない方が良いでしょう。

総量規制対象外の金融業者で借りれば、年収の3分の1以上は借入できますが、しっかりと返済できるまでに留めて置くことが良いでしょう。

借入申込の在籍確認について

お金を借りたい人は、借りたお金を返済できるかどうかで、借りれるかどうかが決まるので、毎月収入が無いと借りれません。

それで借入の申し込み時に、勤務先も勤務先の電話番号も記入をします。そしてそれが本当に勤務している企業なのかどうかの確認を取られます。それが、借入の時の条件です。

何故なら、色々な人が居て、お金を借りる為に、虚偽の勤務先を記入したりする人も中には居るからでしょう。

本当に勤務しているのなら、お金を借りても返済が出来るであろうと言う想定が出来るので、勤務先に在籍しているかどうか本当かどうかの在籍確認の電話を入れます。

この勤務先の在籍確認は、消費者金融の○○です。とは言いません。あくまで個人が用事で勤務先に電話を入れたかのように、個人名を名乗って電話連絡を入れます。

そして、本人が電話を変わると在籍してる事が解りますし、外出していますとか言うのなら、企業に在籍している事が解ります。

この様にして、何とか在籍確認が取れるように、電話を一本入れるのです。だから、確認が取れたのなら返済を出来る人だと認められると思うので、安心感は得れます。

借入申込の在籍確認は、勤務先にばれない様にして連絡を入れるので安心は出来るので大丈夫でしょう。

収入証明書は借入審査に必要かどうか

お金を借入申込をする時に、身分証明書類は必要だと聞きますが、収入証明書も必要な企業があります。

それは借入の審査の時に、絶対的に必要かどうかについては、企業によって借入する金額に対して必要かどうかが決まるようです。

たとえば、1万円以上でも必要とするのは、モビット、りそなプレミアムカードローンなどです。30万円を超える場合に必要とするのは、オリックスVIPローンカード、オリックスカードレスVIPなどです。

50万円を超える場合は必要とするのは、アコム、プロミス、アイフル、ノーローン、東京スターのりかえローンなどです。

100万円を超える場合は必要とするのは、新生銀行カードローンレイク、三菱東京UFJカードローン、住信SBIネット銀行Mrカードローン、りそなクイックカードローン、みずほ銀行カードローン、東京スター銀行スターカードローン、三井住友カードゴールドローン、イオン銀行カードローンなどです。

200万を超える場合は、ジャパンネット銀行ネットキャッシング、楽天銀行スーパーローンなどです。300万円を超える場合は、じぶん銀行じぶんローン、三井住友銀行カードローンなどです。

800万円を超える場合は、オリックス銀行カードローンなどです。このように、収入証明書は借入審査に必要かどうかは、借入金額によるものなのです。

銀行振込で借入を受け取る事が出来る

今の時代はインターネットで借入も出来る世の中です。そのインターネットでは申込や、審査や、契約までも行えて、借入金の受け取りが、銀行振込でも行える企業が増えて居る為、家に居ながら借入が済ませてしまえる便利なものになっています。

もしも足が悪くて歩けなかったら、もしも風邪を引いて出かけれないのなら、お店に行ったり、無人申込機械で契約したり、カードでお金を引き出したりなどが出来ないでしょう。

そしてお店や提携ATMなどが、近くにない場合も、急ぎの借入の時などは、お店を探したりするのにも時間を要します。

更に、借入出来るカードの受け取りにいけない場合は、郵送で送って来て貰えますが、日にちが掛かりますので、急いでいる場合は振込みで済ませて貰える方が、すぐにお金を借りれて便利だと思います。

振込みは自分の希望した銀行に振込みして貰える場合がありますが、企業側の指定する銀行の口座を持っていた場合は、即日で10分程度でスピーディに振込みして貰えるので、急いでる場合は、とても便利だと思います。

このように、お店に行く事が出来ない場合には、銀行で振り込んで貰って借入金を受け取る事が出来る企業を選んで契約すると、利便性があると思います。