Monthly Archives: 11月 2020

いつまでも美しくあるために

毎朝鏡を見るたびに、年齢サインを見てため息をついていませんか?

いつまでも美しくありたい。だから、そうなるように努力している。

でも現実は非情なもので、時間の経過はお肌の若さを奪い、ハリとツヤが刻一刻と失われていく。

そして、今日もそんな自分の顔を鏡で見る……。

ため息もつきたくなりますよね。

でも、貴女が失われたと思っているものは本当に『美しさ』でしょうか?

確かに『若さ』は失われているでしょう。

貴女はきっとティーンエイジャーの頃の自分の肌のハリやツヤと比べているはずです。

そう。もっとも貴女の肌が若々しく輝いていたころの貴女の肌と。

ティーエイジャーの頃の肌と比べたら20代でも肌の衰えを感じるでしょう。30代になればよりはっきりと、40代になったら確実に。

しかし、それは『美しさ』が失われたのでしょうか?

決して、そうは思えません。

きちんと手入れをしながら加齢していくと、『美しく歳をとれます』。

これが『美』です。

決して、無理な仮初の『若さ』が美しさではないと思います。

例えば整形などは、個人的には美しさが損なわれる典型だと思っています。美容整形でもケガなどで大きな傷が残ってしまい、それをどうにかするために行われるものと、必要がないのに『美』を求めて行われるものがあります。

そして、後者は大概『美』が失われます。

某国などはハンコで押したような造形の女性を整形で生み出していて、複数の女性が集まっているのをみると目をそむけたくなります。

日本も同様です。私は、派手に整形をして美しく歳をとった女性を見たことがありません。

結局、『自然』であるのが最も美しいですし、『若さ』が失われることと『美しさ』が失われることは等しくはないのです。

では、自然に美しく歳をとるにはどうしたらいいのか……。

『無理』をせずに、当たり前のケアをしながらお肌にも歳をとらせればよいのです。

そして、その時の貴女が最も美しい。

毎日、きちんとクレンジング・洗顔はしましょう。

お風呂上りには、化粧水でお肌の状態を整えて、美容液で潤いを補充。乳液やクリームでパッキング。

あるいはお肌の常在菌を育てるのもいいですね。肌断食なんて言葉も、最近ちらほらと聞きます。

こういった当たり前のスキンケアをするだけで、貴女はいまの年齢における最も美しい貴女でいられるのです。

決して、ため息を吐かなくてはならないものではないはずです。

もしため息が出るならば、特別な何かをしようというのではなく、この日々のスキンケアを見直してみてください。

きっと、その中に答えがあるはずです。

それでも原因がわからなければ、たとえばこんなオールインワンジェルなどを使ってみるのも1つの手かもしれませんね。

エトワールボーテを最安値で買う方法は?

より高みのスキンケアを目指すために……アウナ

スキンケアは一日にしてならず、ですよね。

洗顔・クレンジングから始まり、化粧水・美容液・乳液・クリーム・オイル……さらにはマイクロニードルパッチetc。

昨今、肌断食や美肌菌によるお肌の自活に着目したスキンケアも話題になってきていますが、即効性を求めてスキンケアをしようと思うと、アイテム数だけでもとんでもない数になります。当然、かかる時間も膨大なものになりますよね。

朝鏡を見たときに年齢サインが気になり出すころには、お肌の問題も原因が複数にわたってあることが普通であるため、きちんとケアをしようと思うと、なかなか大変だ……ということになります。

そんな時に有効なのが『オールインワン系』のアイテムを使うことです。

オールインワンジェルが『オールインワン系』というと真っ先に思い浮かぶと思いますが、オールインワンと言ったらオールインワンジェルしかないと思うのは早合点です。

要は、『1つの工程で複数の効果』を持つアイテムを日々使用するスキンケアアイテムの中に含めましょうという話なので、必ずしもオールインワンジェルである必要はありません。

例えば、最近ロート製薬から発売され非常に人気を博している『アウナホットクレンジングジェル』などもオールインワンアイテムと言えます。

アウナホットクレンジングジェルは、基本はW洗顔不要のクレンジングです。

しかし、日本初の界面活性剤を使っていないクレンジングで、なんと洗浄成分を含めて成分の99%が美容液成分でできているという優れモノのアイテムです。

実際に口コミなどを調べても、洗いあがりの潤いに関してはほぼ誰もが感じているようです。

このように、本来の目的にプラスαで効果があると、そのぶんだけ省ける工程が出てきます。

仮に最初はただのアイテムの入れ替えだったとしても、お肌の状態が上向きになれば、「これは今はやめてもいい」「これは毎日じゃなくていい」「こういう使い方をすれば、もっと時短できる」といったアイデアも出てくるでしょう。

冒頭で書いたように、スキンケアは一日ではならず。日々の努力こそがお肌を綺麗に若々しく保つコツです。

しかし、あれこれたくさんあると本当に大変です。あれこれあると、かけたい手間がかけられないということもあるのです。

だからこそ、時短の考え方は大事なのです。省けるものを省けば、さらに手を加える時間も生まれます。

時短は必ずしも『楽』のためにするものではありません。ポジティブな目的で行う時短もあるのです。

アウナ(auna)──最安値の販売店はどこだ?