ちょっとした昼食代の節約の仕方

仕事や、セミナー、イベントなど外出した時には、昼食を食べないわけにはいかなくなる。勿論、昼食を食べないという選択肢も考えられないことはないが、何回も続けて実行すると、あまり健康的ではないし、また、現実的でもない。

昼食を食べるのは、レストランで食べるよりも、持ち帰り用の昼食を買った方が、より経済的になる。レストランで定食を食べるよりは、コンビニでおにぎりを買った方が経済的だ。

さらに、コンビニで昼食を買い物するよりは、スーパーマーケットで買い物をした方が更に経済的だ。おにぎりを買うにしても、サンドイッチを買うにしても、安上がりだ。

さらに、スーパーマーケットで買い物をするなら、普通に買い物をするよりも、賞味期限が迫っているものはよく根引きして販売されるので、そういう類のものを購入した方が、さらに経済的になる。

そういう買い物をしても、ただの1回の買い物では数十円か、数百円の節約効果でしかない。しかし、このような節約を常に心がけるようにし、実際にスーパーマーケットで値引きされたものを購入していくようにすれば、1か月後、3か月後、6か月後、1年後と年月が経つにつれて、節約効果が次第に高まってくる。

ちょっとした心がけとちょっとした行動で節約を実行することが出来る。
主婦キャッシング

節約だけが楽しみの人生は御免です

節約だけが楽しみな人生なんて御免です。せっかく生まれてきていろんな人と知り合って、いろんな楽しいことを知って大変なことを乗り越えてきたのに、節約することが生きがいの人生は御免です。

大変なことを乗り越えて、自分の限界まで何度も頑張って生きてきました。その中で楽しいこと、幸せだなと思うようなことたくさんのことを知って、たくさんの素晴らしい人たちに巡り合いました。せっかく生まれてきたのに、お金のことを最優先に考えてこれらのことを疎かに考えることだけはできないのです。

何かを経験する時にはそれなりにお金がかかりますが、この世の中はお金で動いているところがあるのだからそれは最もなことです。お金のやり取りがあるからこそみんな生きていられるのだから、お金はとても大事です。そんなことはわかり過ぎるくらいわかっているつもりです。

ただ、お金だけが人生ではないという気持ちだけはいつも心の隅にあります。友達はお金では買えません。家族もお金では買えません。信頼もお金では買えないのです。

お金のチカラが及ばないことも理解しつつ、お金のチカラも理解することを最近考えます。だからこそ節約だけが生きがいのような、そこにしか楽しみを見いだせないような人生は御免なのです。総量規制対象外カードローン

好きなアニメ上位に入る二つの作品

私が幼い頃に観ていたアニメにはいくつか印象に残っているものがあります。それは鳥山明さんの最初のアニメであるDr.スランプです。このアニメがリアルタイムで放送されていた当時はまだ小学生だった私ですが、初めてテレビで観た時はこんなにおもしろいアニメがあるのかなと衝撃を受けたのを今でもよく覚えています。さらに当時のアニメにしてはかなり流行の先を行っており、登場人物たちのファッションやヘアスタイル、車やバイクなどのメカなどがかっこいいなとかオシャレだななどと幼心に感じたものでした。

このDr.スランプは当時クラスのみんなが観ていて、アニメが放送された翌日学校に行った時にはこのアニメの話題で持ちきりでした。

そしてその後今度は同じ作者のドラゴンボールが始まったわけですが、Dr.スランプの時とはまったく違ったストーリーで、前者がギャグ漫画なのに後者はバトル漫画でおまけにイラストもまた似て非なるものでした。もちろん私はドラゴンボールも夢中になって観ていたので、この二つのアニメはいまだに好きなアニメの上位に入るほどでした。

そして最近になってドラゴンボールがまた放送されていましたが、もちろんそれも子供の頃のことを思い出しながら、懐かしい思いで楽しみました。レディースキャッシング専業主婦

お金を稼ぐのは、楽に出来る事ではない。

今貰っているお給料だけでは生活に余裕がありません。会社にばれない様にアルバイトをするのは難しいですし、自分の体の事を考えても、仕事終わりに働くのって、体力の面で自信がありません。体を壊して本業に支障が出たら本末転倒ですよね。

できれば外に出ないで、家で出来る副業が理想です。内職も考えましたが、内職って新規で始めるのってなかなか難しいですね。内職の求人を探しても見つかりません。

その他の方法としてネットで見つけたのは、アンケートに回答するというものです。隙間時間に出来るって触れ込みでしたし、これなら負担にもならないと思い、登録してチマチマとアンケートに回答しています。

ですがこれがなかなかお金が貯まりません。1が月頑張りましたが、やっと1000円になったところです。本アンケートの前の事前アンケートで終わってしまう事がほとんどで、1件2円くらいにしかなりません。事前アンケートに嘘をついて本アンケートに進むなんてことはしたくもありませんし、してはいけない事です。

お金を楽に稼ぐって事は難しいし、旨い話はないと、改めて思い知らされています、やっぱり外に出て体を使って働くのが一番ですが・・どうやったら会社に副業がばれない様に出来るでしょうか。
総量規制対象外キャッシング

財布に余分なお金は入れないこと

私の家の近所にはコンビニやスーパーなどがあちこちにあり、ちょっと小腹が空いた、あるいは甘いものが急に食べたくなったなんて時にはすぐにそれを買いに走ることができます。ですが自分の欲求のままに毎日お店に買いに行っていたら、いくらお金があっても足りないどころかかなり無駄な出費になってしまいます。

そこで私は財布にお金をあまり入れないようにしています。お金が入っているからこそ何かが欲しい時に我慢ができないのであって、お金が手元になければ我慢するしかありません。なので無駄使いをしなくても済みます。

また必要なものをお店に買いにいく時でも、余分なお金は持ち歩かないようにしています。特にコンビニへ行くとスイーツやレジ横にある肉まんやから揚げといったものがどうしても目に入ってしまい、お金があったらつい予定になかったものまで買ってしまいます。

以前はそんな欲求に負けてしょっちゅう無駄な買い物をしていた私なので、それを反省して現在では財布にぎりぎりのお金しか入れずに節約をしているのです。

こうした節約は微々たるものかもしれませんが、毎日のこととなるとかなり出費をおさえる事ができるので、以前よりは多少貯金ができるようになったかなと思います。

もしお金に困った事があれば、モビットに審査を申し込むのがおすすめです。モビットの審査については今のサイトが分かり易いです。

楽天銀行カードローンの特徴

通信販売の楽天市場で使えるポイントが貯まるカードローンがあるのです。それは、楽天グループである楽天銀行カードローンです。

この楽天銀行カードローンは、入会して申込をしただけで1000ポイントも楽天ポイントが貯まり、そして翌月の末時点での利用残高に対してもポイントが付くのです。

この楽天ポイントは楽天市場でお買い物が出来るものなので、すごくお得だと思いました。入会に年会費も入会金も不要なので、借入をするのなら楽天銀行カードローンがお薦めだと思いました。

楽天グループといえば、楽天市場も楽天銀行も通信系のものなので、実店舗がありませんので、申込は、WEBなどになります。

借入は、振込みをして貰ったり、カードを受け取ると提携のATMで利用できるので、気軽でありとても便利なカードローンだと思います。

金利は4.9~14.5パーセントで、最大限度額は500万円まで可能です。限度額が300万円までならば収入証明も不要なので簡単な申込で行けるでしょう。

アルバイトやパートや、専業主婦の人も借入が可能なので、幅広く利用価値がありそうです。但し、アルバイトパートの人は、金利は同じですが、利用限度額が最大300万円までであり、専業主婦の人は利用限度額が最大50万円で金利が14.5%となります。

ポイントが貯まったお得で借り易くて安心できる楽天銀行カードローンで、足りないお金を埋めてスムーズに過ごす事が出来そうです。

みずほ銀行カードローン契約の流れ

銀行で1番有名なのは、宝くじでもお馴染みで、元の第一勧業銀行、富士銀行、日本興行業銀行の合併から出来たメガバンクのみずほ銀行であると思います。

そんな大手のみずほ銀行でカードローンの借入れも行っているのです。カードローンの契約を行いたい場合には、みずほ銀行で口座預金通帳を持っているか、口座を持っていないかと言うので契約の流れに少し違いがあります。

それは、申込は、口座が無くても可能なのですが、最後にはみずほ銀行の口座を開設する形になるのです。

みずほ銀行の口座をを持っているのなら、WEBで申し身をして審査をして、メールで審査結果を受け取り、借入希望が200万円以下なら本人確認も収入証明書も不要ですので、審査が通ったなら、カードローン契約の連絡がメールで届き、簡単な申込となります。

みずほ銀行の口座を持っている人は、一緒にキャッシュカードを持っていると思うので、そのカードを使ってカードローン機能を加える形となり、1枚のカードでキャッシュカードとカードローンの両方を使う事が出来るのです。

そしてみずほ銀行の口座を持っていない人は、WEB申込をして審査をおこない、仮の審査をメールで受け取ります。

それから本申込書類等を郵送してきますので、銀行の口座開設やカードローン申込などの書類を記入して返送します。カードには口座のキャッシュカードとカードローン専用型の二種類を選択できますので、カードローン専用型を希望の人は、郵送で送られて来ます。

申込はWEBで申込がとても簡単で時短にもなりますが、みずほ銀行の店舗に置いても申込が可能です。

バイト収入があれば学生も借入可能

学生は学校へ生かせて貰っているので、親に迷惑掛けたくないと思う純粋な心の持ち主が多いです。

そして学生時代の多感な時期は、色んな遊びや色々な趣味も体験したい時期になっています。

だから親にお金をねだるのも言いにくい状態になります。そんな学生が金融企業から借金をしてお金を得たいと思うのは当たり前の事でしょう。

しかし、普通に学校へ行っているだけの学生では、金融企業は返済能力も無い学生にお金は貸せません。

でも、バイトなど何らかの収入をしながら学校に通っている学生ならば、借入可能なのです。

これが、例えば、何十万の収入が無いと借入できないと言う訳ではありません。学校へ行って勉強をしながらのアルバイトなので、きっと収入も数万円くらいしか無いでしょう。

それで借入は可能な企業は何箇所か存在します。でも、収入が数万円しかないので、貸し出す金額も数万円から多くて10万円程度しか借りれない場合もあるでしょう。

金融企業の利用額の規定はだいたいの企業は1万円から貸し出し可能となっているので、1万円でも借りる事が可能なのです。

だから、バイトの収入が少なくっても借りる金額が少なければ、すんなりと審査も通過して行けるでしょう。

金融業は20歳以上で安定した収入がある人が条件にしている金融企業が多いので、学生であっても何か働いていれば収入の多い少ないの金額は問わないでしょう。

総量規制対象外の金融業者

お金が無いと金融業者が、幾らでもお金を貸してくれたらよいですが、今は、幾らでも借りれる業者は少ないと聞きます。

それは、総量規制と言う賃金業法によるもので、貸しすぎを防止、借りすぎを防止する為に、貸し出す金額の上限を決めたものです。

具体的には、個人の年収が3分の1以上を超えた金額を借入する事が出来ないようになります。それは、賃金業者への法律であるので、消費者金融業や、信販企業のクレジットカードのキャッシングが総量規制の対象となります。

しかし、総量規制が対象外になる金融業社もあります。その金融業社は、銀行です。銀行へは総量規制の対象外となるので、銀行のカードローンや銀行の融資などは、3分の1を超えても良いのです。でも銀行は、審査自体が非常に厳しいと言われていますので、借入できる金額も厳しいかもしれません。

他には、賃金業法に沿った登録をしないで賃金業を経営するヤミ金融業者も、総量規制の対象外となるでしょうが、これは元々経営自体が賃金業法に沿っていない違法な為に、非常に危険な金融業社であるので、借入はしない方が良いでしょう。

総量規制対象外の金融業者で借りれば、年収の3分の1以上は借入できますが、しっかりと返済できるまでに留めて置くことが良いでしょう。

借入申込の在籍確認について

お金を借りたい人は、借りたお金を返済できるかどうかで、借りれるかどうかが決まるので、毎月収入が無いと借りれません。

それで借入の申し込み時に、勤務先も勤務先の電話番号も記入をします。そしてそれが本当に勤務している企業なのかどうかの確認を取られます。それが、借入の時の条件です。

何故なら、色々な人が居て、お金を借りる為に、虚偽の勤務先を記入したりする人も中には居るからでしょう。

本当に勤務しているのなら、お金を借りても返済が出来るであろうと言う想定が出来るので、勤務先に在籍しているかどうか本当かどうかの在籍確認の電話を入れます。

この勤務先の在籍確認は、消費者金融の○○です。とは言いません。あくまで個人が用事で勤務先に電話を入れたかのように、個人名を名乗って電話連絡を入れます。

そして、本人が電話を変わると在籍してる事が解りますし、外出していますとか言うのなら、企業に在籍している事が解ります。

この様にして、何とか在籍確認が取れるように、電話を一本入れるのです。だから、確認が取れたのなら返済を出来る人だと認められると思うので、安心感は得れます。

借入申込の在籍確認は、勤務先にばれない様にして連絡を入れるので安心は出来るので大丈夫でしょう。

収入証明書は借入審査に必要かどうか

お金を借入申込をする時に、身分証明書類は必要だと聞きますが、収入証明書も必要な企業があります。

それは借入の審査の時に、絶対的に必要かどうかについては、企業によって借入する金額に対して必要かどうかが決まるようです。

たとえば、1万円以上でも必要とするのは、モビット、りそなプレミアムカードローンなどです。30万円を超える場合に必要とするのは、オリックスVIPローンカード、オリックスカードレスVIPなどです。

50万円を超える場合は必要とするのは、アコム、プロミス、アイフル、ノーローン、東京スターのりかえローンなどです。

100万円を超える場合は必要とするのは、新生銀行カードローンレイク、三菱東京UFJカードローン、住信SBIネット銀行Mrカードローン、りそなクイックカードローン、みずほ銀行カードローン、東京スター銀行スターカードローン、三井住友カードゴールドローン、イオン銀行カードローンなどです。

200万を超える場合は、ジャパンネット銀行ネットキャッシング、楽天銀行スーパーローンなどです。300万円を超える場合は、じぶん銀行じぶんローン、三井住友銀行カードローンなどです。

800万円を超える場合は、オリックス銀行カードローンなどです。このように、収入証明書は借入審査に必要かどうかは、借入金額によるものなのです。

銀行振込で借入を受け取る事が出来る

今の時代はインターネットで借入も出来る世の中です。そのインターネットでは申込や、審査や、契約までも行えて、借入金の受け取りが、銀行振込でも行える企業が増えて居る為、家に居ながら借入が済ませてしまえる便利なものになっています。

もしも足が悪くて歩けなかったら、もしも風邪を引いて出かけれないのなら、お店に行ったり、無人申込機械で契約したり、カードでお金を引き出したりなどが出来ないでしょう。

そしてお店や提携ATMなどが、近くにない場合も、急ぎの借入の時などは、お店を探したりするのにも時間を要します。

更に、借入出来るカードの受け取りにいけない場合は、郵送で送って来て貰えますが、日にちが掛かりますので、急いでいる場合は振込みで済ませて貰える方が、すぐにお金を借りれて便利だと思います。

振込みは自分の希望した銀行に振込みして貰える場合がありますが、企業側の指定する銀行の口座を持っていた場合は、即日で10分程度でスピーディに振込みして貰えるので、急いでる場合は、とても便利だと思います。

このように、お店に行く事が出来ない場合には、銀行で振り込んで貰って借入金を受け取る事が出来る企業を選んで契約すると、利便性があると思います。

1 2 3